聖火台は有明側「夢の大橋」に決定!

0
2321

2020年東京オリンピック・パラリンピックの聖火台設置場所が江東区の「夢の大橋」に決まりました。夢の大橋は有明と青海地域をつなぐ橋でその先には、商業施設、お台場ヴィーナスフォート(VenusFort)やダイバーシティ東京 プラザへ一本道です。サイクリングやランニングをしている方も良く見かけます。また東京ビックサイト「青海展示棟」も現在建設中です。

聖火台は有明側「夢の大橋」に決定!|東京ビックサイト「青海展示棟」
聖火台は有明側「夢の大橋」に決定!|東京ビックサイト「青海展示棟」

近隣有明側には武蔵野大学や東京都の水の科学館やアニヴェルセル東京ベイ、東京ベイコート倶楽部があります。

「夢の大橋」から東京都の水の科学館方面
「夢の大橋」から東京都の水の科学館方面

現状、夢の大橋のお台場と有明地域を比較すると、商業施設が多いお台場、青海地域はとても賑わいがありますが有明地域では、ビックサイト他イベントと重なる日は賑わいがあるもののまだまだな印象です。

しかし2020年の5月連休前後には大型商業施設「ARIAKE GARDEN」のオープンも控えてます。ARIAKE GARDENの開発は、住友不動産で羽田でもホテル、商業施設の開発を進めているため、外国人観光客を有明のARIAKE GARDENに誘導するような連動企画も今後考えられます。

今回の聖火台設置場所決定によってまた、一段と人の流れが変わることでしょう。なお聖火台は開閉会式用に2台製作される予定になっています。